水虫の親友に嬉しがられたプレゼント「クリアフットヴェール」

水虫でショック

ある日気づいたのですが、親友、水虫だったんです。

お互い、かなりショックでした。

親友、今にも泣きそうな顔をしていました。

とても印象的でした。

水虫だとどうやってわかったのか

薬指と小指の間、指の付け根、足の裏などに発心や発赤がないか、まずは確認しました。

足のかかとのがさつきなども確認しました。

これらが見られれば、例えかゆみがなど自覚症状がなくても、一度は病院を受診することを勧めます。

出も行きたがりませんでした。

恥ずかしかったのでしょう。

考えられる感染経路

1番考えられるのが、仕事帰りに立ち寄っているスポーツジムのプールにある足拭きマットです。

また、汗を流すために入るシャワー室の足拭きマットも疑います。

いずれにしても、高温多湿な環境に出入りしていないか確認します。

病院に行きたくない理由

親友が病院に行きたくない理由は、女性が水虫になること、その治療に行くことが恥ずかしいと思っているからだと考えます。

また、自覚症状に乏しく、現時点では、病院に行く必要性がないと思っている可能性も考えられます。

病院

水虫は日本人の5人に1人はかかっている病気であり、決して恥ずかしい病気ではないことを伝えました。

そのうえで、薬物療法で今はしっかりと治すことが可能な病気であることを伝え、皮膚科を受診するように促します。

それでも行きませんでした。

民間療法にはどんなのがあるのか?

お茶に含まれているカテキンの殺菌効果が、水虫の原因菌除去に、一定有効だとされています。

だから、お茶湯に足をつけてみることやお茶っ葉の出がらしを靴に入れておく方法などを試してみることを提案しました。

エコで身体に負担がないことが提案する理由です。

でもなかなか治らなかったんですね。というか、続かなかったんです。

そこで渡したのがこちらのアイテム。

クリアフットベールという水虫に良さそうなアイテムです。

有効成分がしっかりと入っていて、実際、効果的でした。

水虫が改善してからは?

とにかく足の清潔を保つことを勧めました。

スポーツジムや温泉などの施設の足拭きマットなど、高温多湿かつ不特定多数が利用する物で、足の裏に付着するものを使用することを控えるように伝えます。

付着した際には、足をしっかり洗うことも勧めます。

とにかくクリアフットヴェールで治ってよかったです。

より詳しくクリアフットヴェールについて知るなら口コミサイトをチェックしましょう。

クリアフットベールについてはこちらのサイトが詳しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加